栄養管理、栄養計算ソフトの開発・販売

まめぞう見聞録

まめぞう見聞録

【まめぞう見聞録】VOL.27

《『美味しい? まずい!?』》

今月のまめぞう見聞録は「美味しい? まずい!?」です。

======================

 皆さんは何を食べた時に美味しい、まずいと感じますか?

 僕はありがたいことに何を食べても美味しい!! って感じることが多くって、まずいと思うものは少ないかな。

 まめたろうは……何でも美味しいね(笑)。

 そもそも「美味しい」「まずい」って何なんだろうね。

 ビールを飲んでも美味しいと感じる人もいれば、苦くてまずいと感じる人もいるよね。

 いつも同じレシピで作られているケーキやお菓子でも、今日は特別に美味しいと感じる時もあれば、いつもと違って美味しくないって思うこと、経験ないですか?
 人間の舌は少なくとも5つの味「甘み・酸味・苦味・塩味・旨味」を感じていると言われているけど、最近はこの味を測定することができる機械も多くあって、味覚の研究は進んできているんだって。

 でも美味しい、まずいって味だけで決まるのかな〜。
 例えば……夏、海水浴場で食べる焼きそばやカップラーメン。

 いつもと同じカップラーメン、もしくは麺にキャベツを入れただけの焼きそばなのに、家で食べるより美味しく感じることってないですか??

 そしてお肉やお野菜などを焼いて食べる焼き肉。

 家でも手軽にできるけど、爽やかな五月晴れの空の下、バーベキューで食べるとより美味しく感じませんか?

 僕はどこで食べるかによっても、味って変わるような気がするな〜。

 それにそれに!例えば目の前にある料理が焦げてしまっていたとするよね。

 でもその料理は、自分の大好きな人(大事な人)や小さな子ども達が自分のために一生懸命作ってくれた料理だった時、皆さんは作ってくれた人に何て言いますか?

 ま〜、正直に「まずい」「焦げた味がする」っていう人もいるかもしれないけど、僕は作ってくれた人の気持ちを汲み取って「美味しい」とか「ちょっと焦げてるけど美味しいよ」って言うけど、皆さんはどうですか?


 海水浴場の例は実際には汗をかいて、体から失われた塩分を補給しているから美味しく感じるっていうのもあるみたいなんだけど、周りの雰囲気やシチュエーション、誰と食べるか、誰が作ってくれたお料理なのか?によっても感じる味って何故か違うよね。

 味の感じ方って不思議だね。


 そう考えてみると、人は舌で感じる5つの味だけで「美味しい」「まずい」を決めているんじゃなくて、お料理を作ってくれた人の心を感じたり、食感や温度、雰囲気、気持ちで変化してくるように僕は思います。

 それに味の感じ方って人それぞれぞれだから、「この料理(食品)はまずい」って決めるのはとっても難しいね。

 どちらかというと「口に合わない」「好みではない」というのが良いように僕は思いました。



 まっ、まめたろうは何を食べても美味しいらしく、あるものは何でも食べちゃうから「口に合わない」とか「好みではない」なんて言葉は無縁だね(笑)。


 ともあれ、生きている限り食事は必ず必要だよね。

 食事の美味しさには雰囲気もとっても大切♪♪

 食事の時間はいつも楽しく、にこやかに過ごしたいね。

======================

さて、2013年1月から約2年半に渡ってお届けしてきた「まめぞう見聞録」ですが、毎月の更新はしばらくお休みさせていただきます。

これからは不定期に更新をしていきたいと思いますので、その時はよろしくお願いします。

と言って、僕たちはお休みになる訳ではなく……(涙)。

「まめぶろ。」を中心に今まで以上に会社の中で色々なお仕事をしていく予定です。

 お楽しみに!!!